2009年12月31日

佐久間象山

明治維新前夜。異常な才能と熱気で江戸を揺るがし続けた男。
の辞世。
時にあはば散るもめでたし山桜、めづるは花の盛りのみかは
スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 17:19| 織田信長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

勝海舟

「これでおしまい」

私の誤植だと思ったあなた・・・そうなんです。これが辞世なんです。
いかにも江戸っ子いかにも勝海舟。
スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 22:05| 勝海舟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

片倉景綱

辞世の句が残っていない為逸話。
幼い政宗の教育係に抜擢された政宗の片目を切り取った。
小田原の戦いへの参戦についてもアドバイス。
妻が重長を懐妊した当時主君・政宗に子がなかったのを憚り、
実子を殺害しようとし政宗に止められる。
スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 10:06| 片倉小十郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

後藤又兵衛

壮絶な最期すぎて辞世なしの為、その不仲が有名な主君の・田長政との間に伝わる名言を二つ。
次勝てばそれでよし。

敵に討たれるならば我が殿にあらず。

スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 23:03| 後藤又兵衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。