2010年08月07日

宇喜多秀家

涙のみ 流れて末は 杭瀬川 水の泡とや 消えむとすらむ
み菩薩の 種を植えけん この寺へ みどりの松の あらぬ限りは

関が原のあの宇喜田秀家の辞世の句です。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。