2009年08月07日

大石内蔵助良隆

赤穂浪士討ち入り・宿願を果たした晴々しさが伝わる名辞世。
「あら楽し 思ひははるる 身は捨つる 浮世の月にかかる雲なし」
スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 07:14| 大石内蔵助良隆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。