2009年12月31日

佐久間象山

明治維新前夜。異常な才能と熱気で江戸を揺るがし続けた男。
の辞世。
時にあはば散るもめでたし山桜、めづるは花の盛りのみかは
スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 17:19| 織田信長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

織田信長

有名すぎる織田信長ですが本能寺の変で討たれてしまった為
『是非に及ばず』と森蘭丸の報告に応じたのが絶句。
そして彼が愛した敦盛の一節が信長の最後に思い浮かびます
『人間50年、下天のうちを比ぶれば、夢まぼろしの如くなり。ひとたび生えを得て、滅せぬ者のあるべきか』
スポンサードリンク
posted by 辞世の句 at 11:45| 織田信長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。